日本拳法 波動拳
メインメニュー
  • カテゴリ 日本拳法について の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

管理人の独り言 - 日本拳法についてカテゴリのエントリ

気が付けば

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2013-5-18 22:12
すでに三ヶ月放置のブログです。

特にこれといって書くこともないですからね。
そういえばご友人の所というか、
周りが皆さんおめでた続きです。

良いことなのでしょうが、ちょっと寂しい管理人です。
かなり置いて行かれた感がしますからね。

さて、本日は動画をアップしますよ。
ぜひ興味のある方はご覧ください。

何となく更新です

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2012-12-14 21:41
日本拳法に限った事じゃありませんが、
その人が持って生まれた資質ってモノがあるんですね。

身長の高い低いもあれば、
体重の重い軽い等々。

そう言った資質を考えると、
パンチの資質だってあるはずです。

特に人間は、てこの原理で動く部分が大多数です。
人によって、同じ身長でも手足の長さは違います。
もちろん筋肉が骨に付着する部分も違います。
その違いは小さいモノでも、
数センチの違いでも結果は変わってくるはずです。
てこの原理にも種類があるので、
調べてみると面白いかもしれません。

とは言え、やはりでかい奴は強い。
これは変わらない事実ですね。
斤量と体重はある程度比例すると私は思っているので・・・

久しぶりにまともな記事を書いたでしょうか?

とうわけで、管理人は寝るとします。
明日は子どもの昇級試験。
さてはてどうなることやら・・・

凄まじくお久しぶり

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2012-11-25 2:09
本日久々に防具練習に参加しました。

張り切りすぎて、いつもの自分のスタイルを見失いました。
もう皆さんからボッコボッコにされた次第です。

最近自分はストレス性(勝手に思い込んでるだけ?)の、
過食症にさいなまれています
胃下垂なので、もともとお腹はぽっこりでした。
が、しかし、今は明らかにぽっこりを通り越しました。
そのままでは行けないと思いつつも・・・

なかなか行動に移せないのが人間ってモノですよね。

頭がガンガン、今日はパンチ酔いです。
明日には回復していることを願います。

明日は

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2011-12-23 1:10
何気に錬成会ですね。 あぁ、今更ながらなぜ出るなんて言ってしまったんだろう。 そんな後悔を激しくしている管理人です。 さてさて、出場する皆さん・・・頑張りましょう。

打撃技

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2010-11-9 0:32

 K1を見ているわけですが。

あ、ちなみに録画して、今見ております。

 

ペトロシアンの技術はすごいですね。

ちょっと僕が理想にする形に近いかもしれません。

右手で距離を取って、相手を懐に入らせない。

 

絶対的な体格差が無ければ、あれをやっただけで相手はたまったもんじゃないでしょう。

誰でも出来る芸当じゃないのですが、とっても有効だと思います。

 

あとはペトロシアンは目と反射神経の良さがずば抜けていますね。

日本拳法だと、あまり有効打にはならないのですが、

フックは正直ダメージが大きいと思います。

 

パンチの質は人によって違うのですが、

重く堅い拳を持っている人ならば、当たる位置なんて関係無しに大ダメージです。

 

この大会パンチだけならザンビディスが一番だとは思いますが。

あのパンチは日本人の骨格じゃちょっと無理だと思うんですよね。

 

あとは、TV越しではわかりにくいのでしょうが、

外国人選手のパンチは見た目以上に重いんだと思います。

ガードしようが、とんでもない衝撃でしょうね。

 

拳法でも、拳がやたらと硬いとか、パンチが重い人っていますよね?

体型が同じだったとしても、生まれ持ったパンチの質って言うのはどうしてもあると思います。

 

それは筋肉の質もや骨格など、あとはセンスなどによって変わってくる物だと思います。

自分がどの分類に属するかを良く見極めて、自分にあった組手をするのが得策だと思います。

 

僕なんかはもっと腕力があれば、相手のジャブにもっとフックを合わせていきたいところです。

ですが、あまりに非力なのでそんなパンチじゃ相手が止まらないわけですね。

 

さて、あとは皆さん、上達はめざましい物があります。

現在、ほとんどの方に対して、手加減中していられません。

昔の道場を開いたばかりの頃は、楽だった練習も、

今は辛くてしょうがないです。

 

前にも書いたかもしれませんが、もう僕は勝ちを意識した組手より、

技術向上など、楽しんでいける方にシフトしていきたいですね。

 

試合などは、もっと若い方や、馬力のある方にお任せしたいと思います。

 

もし、仮に、僕が35才までに、せめて60キロ以下級での試合でもあれば考えたいですけどね。

まぁ、今の日本拳法会の体質ではそれはあり得ないでしょう。

それはそれで、自分たちの部を貫き通すと言う点で良いとは思いますが。

 

が、今日のK1を見て頂いて感じて頂きたいのは、

小さい人間が、デカイ人間に素手で勝つのは至難の技だと言うことを改めて思い知りましたね。

 

正直、石井の相手は最近小さすぎます。

体重差が20キロ近くある時点で、まず負けるわけでないのですから。

噛ませ犬ではないと言っていましたが、あれは完全に噛ませ犬でしかありません。

 

最後のアームロックも技ではなく、力で決めてしまっただけですね。

本来の綺麗な形でのアームロックではなかったですし。

ちなみに、あれは柔道では腕がらみという名前です。

なので、石井も普段から練習していた技でしょうから、得意なはずです。

 

拳法では、グローブを着用しているので、出来ない技ですが、

実際の総合格闘技では、アームロックはとても有効な技です。

特に、今まで経験をしたことがない人は、防ぎ方も分からないわけですからね。

 

今度、興味がある方は、腕がらみの練習でもしてみるのも良いかもしれませんね。

 

ちなみに、石井を褒めるとするならば、大内刈りが上手かったですね。

さすが柔道出身。

それで体重差があって、上にいるなら、ほぼ独壇場でしょう。

柔道の押さえ込みは、思った以上に体力を消耗します。

 

正直、洒落にならないぐらい苦しい上に痛いです。

次回、経験してみたい方はぜひご相談を。

下手ながら、一応ご指導は致しますので。

 

それでは、本日は更新頑張っちゃいました。

 

それではでは。

胴突き一本

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2010-11-8 21:15

胴突き。

僕はどうも下手なようです。

 

小さいのだから、もっと使いこなすべきなのでしょうが、

なかなかそうも上手く行かないものです。

 

どうやったら上手く胴を決められるのでしょうかね。

 

上手い方は上手いんですよね。

うちの道場でも、最近よく胴突きを決めている方がおります。

技術の進歩ですね。

 

今は色帯の方も増えて来ました。

数名の方は黒帯をとっても良いんじゃないかなというぐらいの時期だと思います。

まぁ、試験地が大阪ってのが一番の問題なのでしょうけどね。

 

かく言う自分は昇段してからもうすぐ十年が経とうとしております。

うーん、随分とサボっている物です。

でも、実力が伴わないので、大阪まで出向くのも面倒臭いのですね。

 

次回は胴抜きの練習でもしてみようかなと思う次第です。

が、最近は子供の相手だけで疲弊しきってしまいます。

それにもともとサボり癖があるもので!

いやいや、こればかりはどうしようもないですね。

 

さて、今日はK1やっているようですね。

見てみるとしますかね。

 先週の日曜日は肘がちょっと動かすだけで痛くてとんでもなかったです。

無理して練習に行かなくてよかった情報をT内さんに聞いてほっとしまた。

 

さて、どうしてもグローブがあるおで、肘をおかしくする事が多いですね。

特に筋力の不足している方には多いです。

もれなく僕もその部類です。

 

もし、捻挫、腱鞘炎、打撲などは早い段階でしっかりと冷やしてください。

いたいと思うぐらい冷やすだけで、今後の痛みはまったく変ってきます。

まぁ、まれに逆に温めるところもあるようですが・・・

 

まぁ、いろんな治療法がありますからね。

 

それにしても皆さん強くなりました。

すでに僕は本気でやってお勝てません。

どっこいどっこいの勝負に持ち込むのが精一杯です。

あとは経験ですね、少し汚いいいかをすれば、反則ギリギリまでの行為ならOKです。

それは後日、僕の知る限りの所はお教えいたします。

 

あとは皆さんそれぞれ自分のスタイルは確率されてきていると思います。

それを大事に育ててあげれば、上達はします。

そこで壁にぶち当たったら、当たらし事を考えることもあります。

それが嫌なら壁をぶっ壊して前進あるのみです。

若いならそれでもいいですけどね。

 

でも、どうしても怪我は多いですからね。

そこら辺は気をつけてやりましょう。

組手を始める前に、お互いに、ある程度ルール決めをしてやるのもいいと思いますし。

要はどれだけ反復練習をして、それが自然に出てくるか。

その領域まで昇華しないと、なかなか技は決まらないですからね。

 

僕は正直、今が限界です。

何だかんだで、30超えたら嫌でも太る・・・

そんなことを聞いていましたが、まったく変らず・・・体力ばかり衰えるばかりです。

 

僕がお教えできることは全て包み隠さずお教えします。

だからどんどん聞いて下さい。

 

もちろん、OさんT中さんにもどんどん聞いて下さい。

上手い方の秘訣を教わるのは強くなるための近道です。

 

 

あとは年取っても楽しめる稽古場所になるといいですよね。

 

 

さて、最近本職サボって、小説書いてるんですよ・・・

もし完成したら読んでくれますか?

柄に似合わず恋愛小説なんですけど・・・

 

ここで宣伝していいのかわかりませんが。

興味のある方は今度こっそり聞いて下さい。

今日の稽古は如何でしたか?

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2010-8-29 0:37

 僕は今日の稽古は良かったと思います。

板の間でしたし、派手な投げは怪我の元ですから。

あとは、打撃を鍛えるという点ではあぁいった練習は理想です。

さらに時間をちゃんと計ってくれると言うこと。

スタミナのない僕にはそこは大事なので・・・

 

今密かに、時間がくると「ぶー」とかなるやつ欲しいんですよ。

柔道が使ってますよね・・・いくらするんだろう。

だれか折半で一緒に買いませんか?

ぼろぼろになるまで練習をするのもいいですが、

試合時間の感覚になれる組手も重用だと思っております。

 

あとは最近みなさんが積極的に動き出したことがとても嬉しいです。

自分と組手をやった相手の所に行って、アドバイスを聞くというのはいいことです。

特に自分に似たスタイルの方からは多く学べる思います。

逆に苦手なタイプからは、どうして当てられるかという情報を収集すると良いでしょう。

 

さて、今日は僕は左肘もやりました。

関節自体とうよりは、腱ををのばしてしまった感じです。

外腕部なので、前腕屈筋の肘の付け根を痛めたようです。

どうしても届かせたいとパンチをのばそうとするとダメですね

分かっていてもどしょうもありません。

 

さて、本日の組手、後ほど動画アップしますね。

途中で電話や、電池の残量で取れてない部分もあります・・・

取れていない方には申し訳ありません。

 

さて、今日僕がやった中で、一番やられたと思ったのにはT内さんです。

いい面、そして胴ももらいました。

しかも蹴りです。

すごい実力の進歩です。

打撃戦だけになったなら、すでに僕より有利に試合展開は運べると思います。

すでに僕は手加減ができる状態ではないですからね。

 

あとはFさんですね。

今日はお互い取り決めて、組手をやりました。

僕はワン・ツーの練習。

Fさんはそれに合わせる練習。

お互いに中々上手くいかなかったですね。

でも、日々精進すればきっと道は開けると思います。

Fさんの一撃は確実に一本取れる物ですから。

Oさんも復活したので、多くの技を吸収して下さい!

 

T川さんはまだまだ力みすぎの点が直らないですね。

焦ると体力の消耗が激しくなります。

といっても、僕もOさんやT中さんとやると消耗が激しくて・・・

なんで、なかなか何とかならないお気持ちは分かります。

でも、少しずつ改善にしていきましょう。

パンチは持っているので、上手く生かすチャンスを見つけるのがコツです。

 

Iさんはいつもながら、いろいろな技をお使いにありますね。

逆にこちらが参考にしたいぐらいです。

特に、本日まったく軌道の見えない突きを頂きました。

もし、あれが普段から意識的に使えるようになると強敵になりますね。

でも、お互いすでにしんどい年齢なので、楽しみながらやれたらいいですね。

 

そしてOさんとの試合。

久しぶりのOさん。

体調は如何かなと思いましたが、やはり技のキレはありますね。

一発一発が重く、振動がすごいです。

実はそのせいか、今は軽く脳しんとうです。

頭がぐわんぐわんします。

しかし、今日は床の間だったので、組は少なかったのが救いです。

Oさんと組み合うと体力の消費は半端なないですから。

あとはやっぱりOさんは尊敬しちゃいます。

僕は自分にあそこまで厳しくできないですからね・・・

見習いたいところが沢山あります、技の研究なども一緒にさせて頂いたら嬉しいのですが・・・

ウブな僕はなかなか話しかけられない物でして。

 

 

あとは、みなさん気兼ねなく、自分が気になる生徒さんにお話しを聞きに行って下さい。

相手をしてもらった人、見てもらっていて人、自分の何がいいのか、悪いのか。

そんなアドバイスを頂けると飛躍的に上手くなると思いますよ。

そうすれば、道場内の活気も出るでしょうし。

 

さて、怪我は付きもの。

むかし整骨院でよく言っていた台詞。

利き手、利き足よりも逆の方が捻挫とかの怪我は多いんですよ。

それはどうしても、偏った筋肉の突き方をするからです。

あとは、普段慣れた動きをいきなり、細い左側でってのが・・・

散々昔患者に言ったのに、自分が守ってない。

だから患者も守ってるはず無いんですよね。

 

要は自分をどれだけストイックに育て上げるかってこと何ですけどね。

僕には無理です。

いつもお腹下してますし、栄養がそのまま外に出てる来します。

ウェイトトレーニングの効果の出方はかなり個人差があります。

それを乗り越えて・・・といいたいのですが、僕は本当に体質が最低です。

まぁ、手は無いことは無いんです・・・非合法ではないホルモン剤ですね。

使うとかなりムキムキになれる可能性があります。

まぁ、その分副作用がすごいっぽいですけどね、

 

とりあえず、僕はそんなことに拘らず、ゆっくりと技を磨いて、

歳と取ってからも出来る憲法をやりたいですね。

自分の果たせなかった夢は若い人に託せばいいのです。

 

 

さてさて、動画のアップはかなり時間がかかります。

しかも三試合しか取れてなかったです。

誰の試合が取れているんでしょうか・・・

 

動画は明日公開予定です。

こうご期待!

 

 

明日はPC設定の仕事が入っているので、練習に間に合うかわかりません。

間に合えば行きますね。

間に合わなかったらすいません。

 

もし、間に合ったら試合も近いですし、5割ぐらいの力で組手をやりませんか?

そしてお互いにどこに癖がある、自分のどこがおかしいなど。

そういったチェックをしてみたいなって思っています。

道場主とは別コートでそれをやるつもりなので、もし僕が参加したらご興味のある方は声をかけてください。

 

それでは・・・

 

次はもう一個の趣味のブログをやります!

 

あ、あとPCでお困りの方いつでもご相談下さい。

近いうちにPCサポートを行う会社を立ち上げます。

他店より安く、PCのトラブルに対応いたします。

価格は、絶対に負ける気がしないのでぜひおまかせを!

 

それでは。

お疲れ様でした。

ごゆっくりお休み下さい。

日本拳法を初めて早十数年。

 

正直な気持ちを言うと、やりたくてやってるわけじゃないんです。

僕の中で義務的な要素が強いんです。

まぁ、いろいろ縛りがあるんです。

だから辞めるときはきっぱり辞めます。

今の拳法会の体質が変らないなら僕は真剣に辞める覚悟です。

 

しかしあがら、皆さんと稽古するのは楽しいです。

一緒にいろんな研究をした入り、座談会をするのが楽しいのです。

こんな未熟な僕の意見を参考にして下さる方もいらっしゃいますし。

 

そういうことを考えると辞めにくいですよね。

でも、僕の気持ちは結構固まってきているのが現状です。

簿には向いていない、それが本音です。

 

昨日の練習で古傷の左膝の痛みが止まりません。

ずっと鈍痛が止まりません。

久しぶりに自分で湿布をつけ包帯を巻いて固定をしました。

思った以上に綺麗に巻ける物ですね

これなら整骨院に復帰してもいくらでも働けます。

 

さて、僕は現在実家暮らしです。

でも、そろそろ家を出たいと思っています。

そうなると生活用品も必要になるわけで・・・

だれか余っている方とか居ませんか?

 

もしいたらぜひご相談させて下さい。

 

昨日少しお話しをしましたが、軽いスパーを取り入れた練習はしたいですね。

これは前から僕も思っていました。

そういう練習を取り入れるのも有りだと思います。

皆さんで研究をしながら、長く続けられる練習を考えて下さい。

 

万が一、僕が仕事や何らかの理由で引っ越しをせざる得ない状況になった場合、

道場に通うのは無理だと思います、今の道場は皆さんに掛かっています。

すでに皆さんはそれなりの実力を持っています。

自分のスタイルも確立しつつあります。

あとはそれをいかにのばしていくかが課題だと思います。

 

僕は小さいのに腰が強いとかパンチが結構強いと言われますが、

これ数十年の中で自分で考えた集大成というのが大半です。

皆さんもそんな物を見つけてみて下さい。

それでも多き人には勝てない現実を目の当たりし、現在の答え辿り着きました。

 

FさんはOさに組手が似てきています。

今は怪我で来ませんが、もし来たときには積極的に技を盗むといいと思います。

T内さんは基本パンチが早いのでそれをいかに当てるかです。

あとは動きが速いので、相手をかく乱するのに向いています。

が、それは自分の体力も消耗するので、相手を選んで使うべきです。

あとは、遠い間合いから一本が綺麗に取れるようになると技が増えます。

さらにどうしても、相手に対して頭を下げる癖があるので、出来るだけ上げられるように頑張りましょう。

なんでしたらその練習だけをひたすらやってもよいぐらいです。

 

Iさんは体力の限界がああるとおもいます。

その点は僕と同じなんです。

でも、最近は上手い投げや、奇襲が良く決まっていると思います。

その調子で技のバリエ-ションを増やしていくのはいい事だと思います。

あとは無理なく、自分のペースでやって下さいださいね。

無理は禁物です。

 

 

T川さんは打撃は鋭くいいです。

しかしながら無駄打が多すぎます。

当たらなくてもとりあえず手を出しすぎています。

構え自体がボクシングススタイルに近いの仕方ないのですが・・・

今からスタイルを変えるのは難しいと思いますので。

今のやり方で効率のいい組手を見つけるのも手段の一つです。

 

Aさんは良いパンチを持っていますいます。

僕としては、もう少し腰の入ったパンチが出来れば良いなと思っています。

今の威力に腰を上手く入れることが出来れば、少々食らってもいいという相手の余裕も無くなるでしょう。

あとはせっかく良いパンチがあるので、遠間から腰と肩を回して、意表を突くようなパンチも効果的です。それにはどうしても相手との距離を考える必要があるので、ステップインとステップアウトをうまく使いこなせといいと思います。今は肩の調子も悪いので、組み討ちは避けた方がいいでしょう。だからこそ、今打撃をを鍛える良いチャンスかもしれません。

Yさんにいたってはその圧力を使うのはとてもいいことです。

その圧力で相手が堪え切れなくなったと頃を狙うという作戦はいいです。

ただし、構えが少し小さい気もします。せっかく大きいのでもっと威圧感を出せる構えを考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

あとは焦らずゆっくり行きましょう。

自分が優位な場面でも焦りが見えることがあります、そこを気をつけるといいと思います

とりあえず仕事もあるので、無理なく楽しみながら強くなって下さい。

僕の中では、T中さんに続き苦手なタイプだったりするんですよ。

自信を持って下さいね!

 

他の有段者の形等はすでに独自のスタイルを確立しているので、僕がとやかくいう必要は無いと思います。

 

 自分に関しては直すところがたくさんです。

僕は集中力が持続できなおので、上手くそこを付かれるとあっけなく一本取られます。

あとは、体力が無い・・・自分から攻めるのが下手です。

自分の欠点も数えるとキリがありません。 

 

さて、久しぶりにに普通の拳法ネタでしたね。

もし、僕が居なくなった場合でも拳道会を皆様で盛り上げて下さればと思っておます。

 

なかなか自分で決断したことって変えられないんですよね・・・

 

 

まぁ、まだわかりませんけどね。

やっぱり皆さんとお話しするのは楽しいですから。

もう少し考えてみたいと思います・・・

僕の異端的な考えの一つ

カテゴリ : 
日本拳法について
執筆 : 
root 2010-8-22 22:16

 今日はたくさん書こうかなと思ったのですが、止めておきます。

仮にも拳法やっている人間があまりに否定的な事を書くと怒られそうなので。

でも、一つ思う点。

防具が重すぎる。

安全性、安全性と言いますが、安全だったら何だっていいんですか?

 

僕は車で例えたら軽トラです。

ぱっと見、遠見、まだ新しいんじゃない?とか思ってよく見たら実は結構な年期が入ってる軽トラですよ。

最大積載量500キロがいいところですよ。

だからって無理矢理、最大積載量を積ませて走らせて本来の性能出るわけ無いじゃないですか。

どう頑張ったって、4トン車には勝てませんよ。

ましてや10トン車とかになったら最初から結果見えてるんでやる意味ないですよ。

軽トラには軽トラの使い方があるんです。

 

さらに僕は軽トラですよ。

安全に安全を考えて、凄まじく頑丈なバンパーとかつけたとしましょう。

これでどんな事故が起こっても平気だぜ。

このバンパーさえ在れば、相手の車を大破させてこっちは生き残る。

そりゃ妙案だ。

普通車なんて恐くないぜ!

 

だけど、4トン車が同じバンパーつけたら?

10トン車が同じバンパーつけてたら?

いくらバンパーが壊れなくてもボディーが持たない。

バンパーだけ生き残って車体は大破っすね。

 

現に、防具があろうが、ガードしようが100キロの人間に叩かれたら普通にお陀仏ですよ。

普通に横上げ蹴りを一発食らったら手は上がらなくなりますよ。

でかい人はそうやって小さい人を破壊していけばいいんです。

階級制のあるキックだって、ミドルで相手の腕を壊すのはきっと常套手段だと思いますよ。

 

防具付けてるから、俺の顔面殴っていいぜ!

で、相手いきなり金属バットとかでっかいハンマーとか持ってきたらどうするんすか。

たぶん100キロで首のぶっとい人なら金属バットぐらい耐えるかもしれないですね。

あ、でも僕は無理です、首の骨折れます。

 

で、軽トラの話しに戻ります。

だったらそんな邪魔くさいバンパー必要無い。

バンパーなんて取っ払って、鋭い一本の槍でも付けたい。

そして、小回り利かせて、相手のタイヤを貫いて、燃料タンクを貫いて・・・

あとはそのまま逃げきりだ。

 

普通に考えれば軽トラじゃ逃げ切れない。

だけどパンクしてれば、燃料が無くなれば相手は追いつけない。

そのまま相手を振り切ってバイバイです。

 

じゃ、他に方法は?

抜け道を見つけるしか無いじゃないですか。

相手が通れない道。

それは技術ですか?まぁ、それもありでしょう。

だけど、道が細いからって相手が追い掛けて来ない保証はない。

 

だって相手は大型車ですよ。

全てをぶっ壊しながら追い掛けてくるかもしれない。

じゃ、どうすればいいですか?

 

相手が通れない道を、自分の車体しか通れない道を探す。

これは反則するしかないじゃないですか、わざと相手の足の指を踏みつけて骨折させる?

防具のない場所に肘を入れる、脇の下なんて絶好のポイントですよ。

人間あばらは前後からの衝撃には強いですが、横からの衝撃には弱いです。

あとは後頭部に強打を浴びせる?

僕はそういうえぐい物が本来の武道だと思ってます。

 

人を殺すための技術を安全にやるために防具在るってのがおかしい考えですよ。

防具があったって、殺そうと思ったらいくらでも殺せるんですよ。

結局はルールの枠内、スポーツと一緒です。

 

だから、僕個人としては、今の拳法のルールは正直しんどいです。

 

今日は本気で辞めたくなりました。

あーあー。書いちゃった。

まぁ、小さい僕のそれが本音です。

気がついたら思った以上に書いてしまった、無念。

ここまで書いてしまったら本気で辞めてしまうかもしれないですね・・・

 

まぁ、ここまで書いたらいいでしょう。

仕方ないので追記です。

僕は思います。

元いた空手の道場があんなことにならなかったら空手一本に絞ってますよ。

でも、もう無くなった物は仕方ない。

本当に最初の空手道場選びに失敗しました・・・なんてこと書いちゃいけないですねぇ。

多少なりとも得た物もありますので。

 

今度本当にキックのジムでも見学に行きたいっす。

三郷にある治政館とか行ってみますかね。

あそこの会長は日本拳法経験者って聞いたことあります。

結局は小さくて勝てない人は他の競技に転向しちゃうのかなって思います。

有望な人材が普通に流出する環境は良くないと思います。

日本然り、インド然り、有望な人材は海外に流出するのと一緒です。

環境が悪いんですよ。

 

あぁ、これはここで書いていいのかわからない。

だめだろうな、キックで世界の頂点を取った方。

場所は違うなれど、よく日拳に戻ってきたと僕は尊敬していますよ。

 

自分の体を使った競技では、同じ条件で戦えるわけがないのは分かっている。

生まれ持ってしまった体一つで戦わないといけないんですよね。

まぁ、競技にもよりますが、戦うと言うことに関して、小さい人が有利なことなんて一つもない。

障害物競走とかそう言った物は抜きで考えてくださいね。

 

だったら、完全に他の勝負。

盤上の決戦、将棋や囲碁、そっちの方がよっぽどフェアです。

それでも、先手と後手という差が生まれる。

この世にフェアな物なんて存在しないんです。

 

でも、同じ決戦だったら僕はそういった文化系の方が良かったですねぇ。

まぁ、そっちの才能無いんで無理なんですけど。

 

気がついたら長いですね。

もういいですよ。

普及させたいのかさせたくないのかよくわからない。

中途半端にやるぐらいなら沖縄の空手みたいにすごい修羅の道歩めばいいじゃないですか。

体を凶器にする上地流なんていいじゃないですか。

だったらいっそのこと「北斗の拳」の「北斗神拳」とかみたいに一子相伝の暗殺拳がいいんじゃないですか。

実は僕は漫画大好きです。

 

さて今日はもう寝ます。

明日の朝にはやっちまったと思ってるでしょう!!

いいっす。僕は僕っすから!!破門だろうがなんだろうがいいっす。

すでに似たようなこと経験してるから慣れてますし。

言いたいこと言えない分、書いたらすっきりです。

ではおやすみなさい。

Sitemap
新着リンク
ランダム・リンク
日本拳法会社会人連盟所属
日本拳法流山道場
千葉拳道会
TEL:04-7140-5360
Theme Designed by OCEAN-NET